4月 262017
 

常設展示のお知らせです。

現在7月末まで展覧会が多いシーズンに
なっていますが、
4/28(金)〜 5/2(火)の5日間は
常設展示です。

個展が終わったばかりの
村木 雄児さんの うつわをはじめ
様々な作家のうつわを御覧いただけます。

横浜スタジアム、日本大通り、大桟橋、中華街、
山下公園など、横浜散策とともにお楽しみください。

HPに営業カレンダーもありますので、
ご確認ください。

http://www.utsuwa-sumica.com/exhibition_carendar.html

 Posted by at 10:16 AM
4月 182017
 

ただいま、
村木 雄児 陶展 開催中です。

なんでもないけど、味わいがあるもの…。

実はつくるのは、
一番むつかしいのかも知れませんね。

長くつくり続けている優しい粉引から、
お料理映えする三島や唐津まで。

そして、遊び心のある新作の
村木さん的オーバル皿。
是非、横浜山下町でご覧ください。

明日、4/19(水)は定休日です。
会期は4/24(月)17:00までです。

 

左/黒釉花瓶 右/三島鉢

 

粉引碗

 

オーバル皿

 

唐津鉢

 

 

 

 

 

 Posted by at 5:23 PM
4月 102017
 

sumica栖より個展のお知らせです。

村木 雄児 陶展
4月15日(土)− 24日(月)
11:00 〜 19:00(最終日17:00まで)
作家在廊日 15日 ※定休日19日

春の日、いつものうつわと 新しいうつわ…。

粉引、三島、唐津、黒釉、
暮らしの中で陶器を使う楽しさを
いつも味あわせてくれる村木さん。

普段の仕事、薪窯の仕事、
そして新たに取り組むこれからの仕事。
是非、ご覧ください。

〈略歴〉
1953 横浜生まれ
1976 瀬戸窯業職業訓練校卒
1976 徳島県大谷焼森陶器入社
1980 静岡県伊東市池に独立
1987より全国各地で個展

 Posted by at 12:52 PM
4月 082017
 

sumica栖オンラインショップ情報です。

先日修了した、
八田 亨/境 道一/安達 健 土のうつわ展より、

引き続き、八田 亨さんのうつわを
オンラインショップでご覧いただけます。

白い化粧をかけ、穴窯で焼成した白掛のうつわや
三島手など。

シンプルな形を深く掘り下げた作風は、
凛として清々しい気分にさせてくれます。

是非ご覧ください。
http://sumica.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1590866

花器

 

三島7寸皿

 

白掛8寸リム皿

 Posted by at 5:47 PM
4月 042017
 

sumica栖 オンラインショップ情報です。

先週、終ったばかりの
境 道一/八田 亨/安達 健 土のうつわ展、

引き続き、境 道一さんのうつわを
ポット、土瓶などを中心に
オンラインショップでご覧いただけます。

モダンな雰囲気のものから、
上品な佇まいのものまで、
全て薪窯焼成なので深い釉調が味わえます。

どうぞ、ご覧ください。
http://sumica.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1590864

織部ポット

 

白釉ポット

 

黒釉ポット

 

織部ポット

 Posted by at 6:08 PM
3月 212017
 

近頃、家族形態や食の変化により、
うつわの形や大きさが変わってきたように感じます。

今回の展示は、土味のあるうつわにこだわりながらも、
新しい陶のスタイルを見せてくれる三人です。

境 道一さんは、現在 香川県で制作。
独特な色合いの織部をはじめ、黒釉、灰釉、焼〆、
八角や六角、オーバルなど洋風を思わせる形を用いながら、
全てを手作りの薪窯で味わいのあるうつわに仕上げます。

八田 亨さんは、現在  大阪で制作。
粉引や三島など、シンプルな技法を用いながら、
骨太で力強いうつわをつくります。
でも形はリム皿やタイル状の板皿など、
どこかモダンさを感じさせてくれます。

安達 健さんは、現在  神奈川県で制作。
伊賀の原土を 精製しながら、
懐石料理に学んだ様々な形のうつわを作ります。
家庭に向付の佇まいを持ち込んで、
新しい風景をつくろうとしているようです。

三者三様 、土のうつわ
是非、ご覧ください。

 

黄灰釉花器/安達 健

 

花器/八田 亨

 

灰釉一輪 織部土瓶 灰釉土瓶 / 境 道一

 

織部六角小鉢/境 道一

 

白掛七寸リム皿/八田 亨

 

緑灰釉葉形皿/安達 健

 

 Posted by at 3:23 PM
3月 132017
 

 

sumica栖より展覧会のお知らせです。

境 道一 / 八田 亨 / 安達 健
土のうつわ展

3月18日(土)−  27日(月)
11:00 〜 19:00(最終日17:00まで)
作家在廊日 境 18日、19日 /安達 18日、19日、25日

土味にこだわりながら、
新しい陶のスタイルを見せてくれる三人です。

境 道一
1975 長野県生まれ
香川県にて制作

八田 亨
1977 石川県生まれ
大阪府にて制作

安達 健
1983 愛知県生まれ
神奈川県にて制作

 Posted by at 11:36 AM
3月 112017
 

OPEN時間変更のお知らせです。

急なお知らせで申しわけございません。

明日 3/12(日)は、
所用のため、OPEN時間を14時に
変更させていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、
よろしくお願いします。

 Posted by at 4:28 PM
3月 112017
 

佐賀県有田で制作する山本 亮平・ゆきさんのうつわが、
ほんの少しですが入荷しました。

たまたま移住した場所が、小物成、天神森などの
古窯のそばだったということから古陶磁にのめりこんだそうです。

古唐津から初期伊万里の境目に興味を持ち、
原料を探し、薪窯で焼成する、手間のかかるやり方をしています。

ただ山本さんの作品は古いものにこだわりながら、
今の時代を感じさせる心地良い軽やかさがあります。

今年10月には、楽しみなsumica栖での個展もひかえています。
是非、手に取ってご覧ください。

 

辰砂染付花弁文小坏  径6cm 高さ4cm

 

染付花弁文皿五寸 径15cm 高さ2.5cm
※見込に線刻で草花が描かれています。

 

染付唐草文小坏 径8cm 高さ5.5cm

 Posted by at 2:26 PM