4月 122019
 


「振り返る鹿!?に見えませんか…。」
と笑う安齋新さん。

白磁刻紋芙蓉手皿w17cm h3.3cm


安齋 新・厚子 展、
4月15日(月)まで開催です。
11:00 〜19:00(最終日17:00まで)


古い染付からとった刻紋のお皿。
きれいにし過ぎない味わいを大切にする安齋さんのうつわには、
どこか懐かしい風情があります。
是非ご覧ください。




足し過ぎないことで生まれる静かな佇まい…。

青磁8寸段皿w25cm h2cm


現在開催中、安齋新・厚子展
madame FIGARO.JP「うつわディクショナリー」に掲載いただきました。

(madamefigaro.jp/interior/series/utsuwa-dictionary/)からどうぞ

二人のうつわの在り方を紐解いた内容です。
是非ご覧いただいて、展覧会に足を運んでいただければ何よりです。



軽やかなリズム…。

青磁ねじり銘々皿w14.8cm h2.3cm


気がついたら側にずっとある、そんなうつわです。
是非手に取ってご覧ください。



物語を感じるうつわ…。

玉子手亀ノ甲小鉢w15.5cm h4cm


子供がうつわを見たときに、情景を思い出すようなうつわを作りたい。
と語る安齋さん。是非手に取ってご覧ください。




古いもののような、遠い国のもののような。

でも、どこか懐かしい…。


白磁染付ふねw15×8cm h2.8cm


きっちりし過ぎない間(ま)のあるうつわが好きだという安齋さん。
リラックスできる優しいうつわです。是非手に取ってご覧ください。



てふてふ(蝶々の旧仮名遣い)という名の豆皿…。

白磁てふてふ豆皿w11×10.5cm h2.5cm


食卓にこんな豆皿があるだけで、優しい気持ちになれそうです。
是非手に取ってご覧ください。


 Posted by at 4:35 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.